コンテンツへスキップ

こんにちは、埼玉県在住の会社員の神田と申します。

私の愛車はトヨタのプリウス。年式は2010年、走行距離は8万キロ、ボディーカラーはシルバーです。会社に行くときも休みに出かけるときもプリウスに乗って移動しています。そんなプリウスですが、先日売却しました。愛着もありましたが、もうすぐ車検だったのと、私が会社近くに引っ越すことになり、車通勤しなくてよくなるためです。今後、何かしらの車を買うかもしれませんが当分は買う予定はありません。

そこで、私のプリウスの回顧録じゃないけど、プリウスを売却したことを思い出したらいいなと思い、このブログを立ち上げました。また、これから車売却する人の参考になればいいと思います。

そもそもプリウス(Prius)はラテン語で「先駆け」。1997年、世界初の量産ハイブリッド乗用車として誕生したので、もう20年になります。初代プリウスのキャッチコピー「21世紀に間に合いました。」が示す通り、内面もハイブリッドカーでガソリン車に比べ燃費もよく、外観も未来からやってきた車をイメージして作られた画期的な車でした。

私が買ったのは三代目プリウスで、エコカー減税の影響もあってハイブリッドカーのプリウスを購入しました。エンジンとモーター比率が5:5なのでかなり燃費が良い車でした。

次回はプリウスを売却する際に考えたこと、どうすれば高額で売れるかなど車買取について書いていこうと思います。